Top
英語の必要性
ハワイで知り合ったスイス人のSという友人が国際結婚して日本に住んでいる。

先週土曜日、定例という訳ではないが、2・3ヶ月に一度、ハワイで知り合った友人でBOYS TALKではないけど(どちらかというとオッサーントーク)という感じの男だけで飲み明かす会がある。

久しぶりに参加してみて思ったのが、僕の適当英語も、内容が深くなるとつらい…ということである。飲んでいる席なので適当と言えば適当なんだけど、スイス人の彼は周りで英語が通じるのは嫁さんだけで、通常は家で勉強しつつ、午後はドイツ語と英語を教えているらしい。
野郎話がしたくてしょうがないので僕らに会うと嬉しくてすげー勢いで話をしてくる。

7割ぐらいは何となくわかるが、ちょっと難しい単語が入ると分からなくなってしまう。
仲はいいけどコミュニケーションの必要性を感じる。
彼は数ヶ月前よりは数段日本語を理解しつつあるが、やっぱり難しいようだ。
日本で暮らすということを考えると、やはり彼も日本語を勉強しないと厳しいだろうと思う。

飲んだ場所は六本木だったので、当然飲み屋の客引きもメチャクチャなんだけど、感心したのはケニヤから日本に来て3年という客引きの日本語のうまさ。
「そんなこといわないでよぉ〜」「勉強しますよぉ〜」とか言ってくるからすごい。言葉のニュアンスが絶妙なのである。3年も日本にいて、なんとかしなきゃ!と思ったのだろうが現場に立って毎日話をすることと家でテキストのみの勉強法ではやはり差があるのだろう、とおもう。

コミュニケーションとして成立する英会話とはいったい何か?
考えさせられるモノがあった。

楽しい時間を過ごした後、結局家にたどり着いたのは朝の5時でした。
[PR]
by mograph | 2006-05-29 17:28
<< 渋谷でタイ料理 そろそろ体を鍛え直そうと思いま... >>



日常で気になる事、モノ。
by mograph
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31