Top
カテゴリ:考え事( 22 )
クリスマスツリー
小さい頃、僕の家のクリスマスツリーは本物の木だった。

毎年12月20日ぐらいになるとおじいちゃんが「山に木を切りにいくか?」と僕に尋ね、僕は喜んで連れて行ってもらった。

山の麓まで子供の足で30分ぐらい、山に入ってちょうどいい木を探して1時間〜2時間。
小さい頃の僕は毎年ワクワクしていた。

手頃な杉の木の枝をじいさんが鉈で切る。その場である程度の形を作るようにいらない枝をカットして引きずりながら持ち帰る。その帰り道に特に何を話したかは記憶にないけど、とても幸せな気分で、僕は笑顔で、じいさんもニコニコしていたのを覚えている。

もちろん、我が家はクリスチャンではない。でも、なんだかとてもワクワクしてうれしい気持ちでいっぱいになるクリスマスという行事は好き。

家に戻ってその木をデコレーションするのも楽しかった。小さい頃、田舎で外国の色使いをしている物ってクリスマスのオーナメントぐらいしかなかったんじゃないかとおもう。

クリスマスの当日の鳥のもも肉もうまかった。たいして高い物じゃないとしても子供心にグッときた。うちで鳥のもも肉が出るのはクリスマスのみだったので。特に貧乏だったという記憶はないから、普通に生活していたと思うけど、なんだか鳥のもも肉はうれしかった。

ちなみに覚えている限りでの実家のクリスマスメニューは
ケーキ、鳥のもも肉、ハンバーグ、サラダ、カレー???
大好物ばかりだったなぁ。

暖かいクリスマスの思い出って、大人になってもふんわりと優しい気持ちになるね。
[PR]
by mograph | 2004-12-24 11:41 | 考え事
ワガママ
普段の僕は自分で言うのも変な話しだが俗に言う「いいひと」だと思う。
が、しかし、実はもの凄くワガママで利己的な人間なのではないかとも同時に思っている。

いい人であるということはすなわち「他人に対して印象を良くするにはこうした方がよいだろう」という感覚で、もちろん「自分がされたらイヤなことはなるべく相手にはしたくない」というところにも派生する感覚だけど。

こんな事を考えてブログに書いてしまうこともアピールしているとも思うけど、まぁ、思ったことを書こうと思って書いているだけで「くだらん」と思ってご覧になっている人はそれで結構。

変に気を遣っているので、相手に対してもそれを少なからず求めてしまうの事実。
がさつな風で気を遣っているのと、単なるがさつでは違うし、「あたしは気を遣っているのよ!」という風にしていて全く気を遣っていないという人もいる。

みんな一歩ひいて付き合っている世の中はつまらないけど、深く知らない人に色々決めつけて欲しくないし興味がない。

自分の思い通りにならないことは世の中にいっぱいあるけど、実はワガママなのにそれを表現できない自分にも腹が立つ今日この頃でした。
[PR]
by mograph | 2004-12-05 23:20 | 考え事



日常で気になる事、モノ。
by mograph
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30